女性のセカンドキャリア

 女性は男性と違い、結婚・出産・子育てという一大事業があります。いくら「男女平等」とか「女性の社会進出」「働き方改革」と煽っても、この事実は変わりありません。

 ごく一部の女性は、男性と同じようにキャリアを積むことはできますが、大半の女性は、結婚・出産・子育てでキャリアの中断を経験します。

 しかし、何らかの事情で、経済的自立が必要になったり、あるいは、自立できなくても、ある程度の収入が必要になることがあります。また、ご自身の生きがいとして、何らかの仕事に就きたいと思います。

 人生100年。女性のセカンドキャリアを充実したものとするために、必要なものは人それぞれ違いますが、何らかの武器が必要です。

 武器の一つとして、資格は、選択肢の一つです。

 特殊な能力や、営業力のない方にとって、資格は大きな武器になります。

お勧めの資格

 セカンドキャリアにとって、有効な資格はそれほど多くはありません。社会で通用する資格は何か?よく吟味する必要があります。

 女性にとっても最も武器になる資格は、看護師であることは疑いがありません。

 しかし、すべての女性が看護師に向くわけではありません。また、さまざまな事情から、看護師になることができない方もいます。

 そんな方にお勧めの資格は宅建士です

 


なぜ宅建士?

 資格を取っても、役に立たない資格が圧倒的に多く、セカンドキャリアに相応しい資格は、ほんの一握りです。

 その一つとして宅建士は女性にお勧めです。

【理由】

  1. 正社員の道がある
  2. 営業力がなくても事務員として働くことができる
  3. 資格給がつく
  4. 試験が比較的易しい

 


女性が合格する講座を目指して

 資格取得の講座を開講している大手予備校は、働いている男性をターゲットにしています。

 

【大手予備校の特徴】

  • 講座開講は夜間か休日
  • 大教室での一方的授業
  • 受講料が高額

 

 鈴木アカデミーでは、子育て中の方でも勉強しやすい、そして理解しやすい講座を目指しています。

 

【鈴木アカデミーの特徴』

  • 授業は平日の午前を中心
  • 少人数制
  • リーズナブルな受講料

 


詳しく知りたい方は、下記を参照してください